シアリスで、心臓発作は起きるの?

バイアグラが開発されてから、ED治療に効果的な薬がたくさん売り出されています。その中でも人気が高いのがシアリスです。EDというのは勃起障害のことで、シアリスを服用するとペニスの海綿体平滑筋の緊張が緩んで血流が良くなり、勃起を促してくれます。心理的な原因のEDや、身体的に問題のあるEDのいずれにも効果があるとされています。

一方で、心臓疾患を抱えている人が服用すると心臓発作の副作用が起こる可能性があります。その他にも肝臓の疾患がある人や、高血圧やアレルギー疾患の人にも副作用が出る恐れがあります。そのためシアリスを服用するには正しい飲み方を守る必要があります。初めて使用する人は10㎎の1錠だけを服用するようになっています。効果が弱いと感じる時には2錠を服用します。服用には水と一緒に飲み込むことが大切です。

シアリスは性行為の12時間前から30分前の間に服用するのが効果的だとされています。一旦効果が現れると、最大で24時間持続するので、それが人気にもなっているのです。心臓や肝臓などに疾患を抱えている人の場合は、副作用が出ないように、事前に医師の診察を受けてから服用についてのアドバイスを受けることが必要です。

また、シアリスと同じような名称で海外で偽物などが販売されていることもあるので注意が必要です。加えて、効果を高めようと量を多く飲んだり、飲む間隔を短くしたりすると体に悪い影響を及ぼす可能性があり、危険です。他に疾患がある場合や、常用している薬などが他にある場合には、必ず医師に相談をします。

EDの治療薬は専門外来の他、内科や泌尿器科などいろいろな診療科で処方しています。かかりつけの医院などで相談することも可能です。